よいではまいか

日日と感覚と琵琶が

むりくり悩み製造マシーン

よくよくよくつきつめてみると悩みなんてない、ほんとはね。たぶんね。 悩んでいるんではないの、往生際が悪いの。潔くないの。決めきれてないの。 悩みも妖怪もおんなじことさ。 信じている人のもとには確かにそれが存在して、はなから信じてない人の世界に…

ゆれている、ゆれている、ゆれている。

◯和合亮一×3日満月+古川麦『新地町の漁師たち』劇場公開記念コンサート@ポレポレ坐◯ ◆音楽と詩が練り上げる時間。楽器からは波と風がまろびいで、詩の呟きと叫びが物語を呼び起こす。みえない時間軸が確かに切りとられ、ここへ連れてこられていた。 ◆表現Hyo…

うめちゃんをおひろめた

うめちゃん(相棒:筑前琵琶)をおひろめする月いちの集い、やってみた〜〜 感想は、 「しくじった〜〜わ〜〜たのしかった〜〜」 です!! おいしいインドカレーと友だちのバースデーケーキをつめこんだぱんぱんのおなかで語りました@やっすいカラオケルーム(…

わたしは門になりたい

わたしのしたい(したがっている)(かつてしたがっていた)おこないを、ひとまず整えよう。 ◆ことばを使ってあそぶ、出力する ◆受けとった感覚や感覚を超えた次元のありようを、なるたけ加工せず削ぎ落とさず失わず、表現する(くだもののように) ◆時間や空間や…

おびわびわ:演奏会と宴

たいへんいまさらながら。1月24日に、筑前琵琶の演奏会に参加いたしました。わたしの師事する田原順子先生とその一門の総勢(だいたい)30名ほどによる年に一度の勉強会なのです。※画像は田原先生のHPより拝借いたしました2回目の参加だったのですが、あまりに…

閉幕式

コートをしまえない。けれども半袖は着る。半袖を着るのは長袖を着たくないからである。長袖が不快になりつつあるからである。長袖よりも半袖を着たほうが気分よく暮らせることを皮膚経験的に知っている。着るとよい、という前のめりの気持ちで着る。コート…

人づてにきくチャンドラー方式

人と顔を合わせ、場を共有し、ことばを交わした帰りの電車で反芻する本日の記憶。具体的にどんなことばをいただき、発したのか、輪郭がおぼつかない。けれどもたしかに充足感がある。ビタミンだかミネラルだかそういうとにかくからだによさそうな資質に限り…

最終章は金庫のなかに

自分の人生なるものが、さも自らの選択の連続でのみ進んでゆくものだと考えてしまうと、わたしはけっこうつらい。なんか責任重いよね、どーしよどしよ、と無駄に慌てる。でも、脚本家と演出家と役者の三者による共同制作だと思えば、すこし気楽。わたしは役…

わたしはどこにもいたくない。

俳優や歌手は、うつくしい。そしてひどくうらやましい。一つには、圧倒的に、その場に存在しているから。観るものに、肉感的な影響を与えてならないから。事故であり現象である。理屈でなくただ肌で感じ、巻き込まれてしまう。そういうのは、文章ではちょっ…

立って死ね

映画『百円の恋』を観て。無職の主人公・一子がぐだぐだ生活の温床となった実家を飛びだし、百円ショップで深夜バイトしながら恋(らしきもの)をしたり傷ついたりしながらうっかり始めたボクシングにのめりこみ試合にまで出るけどボコボコにされたよ、という…

降りてくるものと受容体

漫画原稿にスクリーン・トーンを貼る作業とは。①貼りたい範囲の上にトーンのシートを置き、それよりやや大きめにざっくりトーンを切り取って、はがす。②切り取ったトーンを原稿の貼りたい範囲に直接置く。(トーンの目が曲がっていないかチェック)③よさげであ…

欲ねむる

◆眠りの体勢が、起きている時間の心のうちもかたちづくる、ですってよ。◆からだの右側を下にして・腕と脚とを折りたたんで・内臓をこぼさないように・きうきうというか・しんしんといおうか。◆以上いままで通例の睡眠体勢。腕と脚との組まれたはざまにぬるさ…

空中分解

息をしているのを、ときたま忘れる。息をしていないのではなく、していることが、ずいぶん遠い街のできごとみたいに、おもわれるのである。そういうときの呼吸は、たいがい浅いらしい。ただうわっつらをなでるような、波すら立たせないような、軽々しいぞん…

牛の世界

牧場にいったんですね。電車で1時間半、バスで20分、徒歩30分。言われるがまま、ずいぶんな山奥に追いやられていました。しらぬまに。その牧場はひろくまるい野っぱらでした。野っぱらに、低い柵と、ちょいと古ぼけてそれらしいおもむきの、畜舎やらソーセー…

それは、なぜでしょう

なぞなぞの本が、好きでした。それは小学生のころ。かといって、熱心に解こうというんでもなく。そそくさとページをめくって、答えをみていた。なぞなぞの答えを知ると、安堵した。逆にいうと、答えがわからない状態が、やたらにおそろしかった。どれほど離…

ダンサー・イン・ザ・パブ

今日、カラオケパブ?なるものに、はじめて連れてかれました。行ったことない人に説明すると、カラオケとぽつんとしたステージが設置された酒場です。お酒飲んだりつまんだりしつつ、歌いたい人は1曲いくらでステージ上で歌うことができるのです。当然、ほか…

はかたのしお

白い服が着たい。近ごろ、ことにそう感じる。空がきりもないほど青く、明るく、風はそれとなくやわらかい、そんな日が続いているからでしょうか。冷たい雨の日には、黒い服をまといがちである。化粧も極力しなくなる。そうして、ほの暗い水に潜む、深海魚の…

ハイファイ・セツコ

今日はうんこの話です。以下、ハイセツブツとします。3月末までかなり規則的なタイムテーブルにのっとって生活していました。すると、自ずとハイセツタイムが体内で決まってくれて、だいたいAM10:00前後がそれでした。けれどもタイムスケジュールが変わった…

無防備なことば

学生のとき、人の話すことばを書き起こすのがちょっとマイブームだったことがある。もとは、課題のために3つの質問をして、それに答えてもらったインタビュー音声を整理するのに始めたのだった。始めてみると、書き起こされた話しことばがおかしくて、たのし…

オリュンポス

さきほど『天音』のたい菓子をいただきました。食べるとふしぎとこころが和らぐような、おいしいたい焼きです。吉祥寺に行くたびにほぼ毎回食べてしまいます。おいしいものを食べると、あたたかくほぐれるような、ちょうどよいスペースに収まるような、肚が…

ホルモンさんどうにかしてください

ドーパミン。セロトニン。アドレナリンノルアドレナリンコルチゾール。などというものたちが、わたしたちの頭で分泌されており。それらによってわたしたちは、やる気スイッチON/OFFしたり、うつうつぶつぶつしたり、しあわせだなあと涙をにじませたりなどす…

なやまない

行動力あるとかやる気に満ちてるとかそういうんじゃないのよ。考えてるだけの時間って、ただもうもったいないでしょ。あまりにさっくりとして、ほんとにな、という昨日のことば。ここのところ、人に会っている。わりあい。自分がどうにももたついていると、…