読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よいではまいか

日日と感覚と琵琶が

ハイファイ・セツコ

今日はうんこの話です。
以下、ハイセツブツとします。



3月末までかなり規則的なタイムテーブルにのっとって生活していました。
すると、自ずとハイセツタイムが体内で決まってくれて、だいたいAM10:00前後がそれでした。
けれどもタイムスケジュールが変わったこの頃、そのタイミングで御不浄になかなか行けないのでして。

たった何秒何分かのハイセツチャンスを逃す。
それだけでその日はほぼほぼ滞る。
一日逃すと、ねじでも外れたみたいにぐらぐらと調子が崩れ、何日か待機状態が続くこととなる。

滞納したからだは、重い。
くるしい。息がつまる。
なのにむしゃくしゃして、食べる。
あんまりおいしくもないのに、食べる。
よけいつらい。
重く詰まったからだは、動きがにぶい。
よからぬことばかり考えたがる。
もんもん引き寄せる。


何日かののちに(そうはいってもさほど深刻な時間ではない)、うまくズレがはまりこむと、解放される。

あまり強く意識したり、へんに力んだり、祈祷したりするほど、遠ざかるようである。
それこそ上から降臨するものをただただ受け入れる心づもりでいると、ふと来たる。

あのうれしさったら、ないよね。
囚われの身から脱したような、あのすがしさ。
それだけでいい夢みられそうだもの。
よきハイセツ、よきスイミン。
よきゴハン、よきイトナミ。



もりや